ぶら下がるカエル。水槽のフタに塩ビ板がオススメの理由

カエル
スポンサーリンク

我が家のカエル(アマガエル)たちは、よくぶら下がります。

皆さまのペットのカエルたちも・・・ぶら下がってますか?(笑)

スポンサーリンク

ぶら下がるカエルたち

成功例

アマガエルがぶら下がるのは、水槽のフタ。

活動的になる夜にコッソリとぶら下がっています。

我が家にいるクロちゃん♀はよくぶら下がります。

クロちゃんは体重が約6gもあります。

丸っこい胴体を細い足4本で支えてぶら下がります。

頼りなさそうに見えるカエルの足は、意外と筋力があるのでしょうか。

失敗例

過去に飼育していたすーちゃんもぶら下がるのが好きなアマガエルでした。

当時は、冬の乾燥を防ぐために、水槽のフタにフィルターを取り付けていました。

ある日、家に帰って水槽を見てみると驚きの光景が・・・

引っかかってる!?

特に抵抗することもなく、足をプラーーーンと伸ばしていましたΣ(゚д゚lll)

よくよく見ると、フィルターの繊維に指が引っかかっていました。

ゆっくりと蓋を持ち上げて、指に引っかかっている繊維を取り除きました。

幸い、指に怪我はなく、安心しました。。

 

このことがあってから、水槽にフィルターを取り付けることはやめることにしました。

カエルたちは水槽のフタにフィルターがあって歩きにくくても、ぶら下がることをやめないようです。

水槽のフタには「穴あき塩ビ板」がオススメ

おそらくすでに娯楽と化している「ぶら下がる遊び」を楽しんでもらうために、水槽のフタには「穴あきの塩ビ板」を使っています。

製品名は「塩ビ板パンチング透明」。

アマガエルたちが「ぶら下がる遊び」をしていることに気が付いてからずっと、この塩ビ板を採用しています。

我が家では、フタの上にガラスの板と照明を乗せています。

今のところ、このフタでカエルたちが脱走したことはありません。

 

また、塩ビ板を使った水槽のフタの作り方はとっても簡単です。

以下の記事で作り方を紹介しているので、良ければ参考にしてください^^

まとめ(カエルによる口コミ)

アマガエルたちの「ぶら下がる」娯楽を支援するために、カエルの口コミを(勝手に)まとめました(笑)

ぶら下がりやすいのは、「塩ビ板パンチング透明」だよ♪

塩ビ板にあいている穴のサイズがちょうど指のサイズにピッタリ♪

 

飼い主も、「この塩ビ板は薄くてカットしやすい」って言ってたよ♪

塩ビ板を購入するときは、水槽のサイズと合うか確認してケロ♪じゃないと脱走しちゃうケロ♪

フタに繊維状のフィルターは付けることはオススメしないよ!指がひっかかっちゃうこともあるからね、ありゃ、痛いけろ。

あくまで個ガエルの感想です。