アマガエルに水場は必要。夜は入浴タイム♪

カエル
スポンサーリンク

アマガエル(ニホンアマガエル)には水場が必要です。

オタマジャクシの時は「えら呼吸」、カエルの時は「肺呼吸(一部皮膚呼吸)」となります。

皮膚呼吸をするために、カエルたちの肌は湿っている必要があります。

スポンサーリンク

昼と夜のカエルの姿

昼間はずっと寝ている

アマガエルたちは夜行性なので、昼間はそれぞれ好きな場所で寝ています。

葉っぱの上、土の上、壁の隙間などなど・・・

マメちゃんはよく、水場であるソープディッシュの隙間で寝ています。

この間はクロちゃんも、ソープディッシュの隙間で寝ていました。

さ、刺さってる!?(笑)

クロちゃんの体重は約6gで、我が家のアマガエルの中で一番の大きさです。

クロちゃんのサイズ的に、かなり無理があるように見えます(笑)

夜になると入浴タイム♪

キョトン顔でこっちを見つめるているのは、マメちゃんです。

この表情・・・んーーー可愛い( ^ω^)💓

昼間、それぞれ好きな場所で寝ていたアマガエルたちも、暗くなると活動的になります。

夜になると、ソープディッシュで入浴するカエルたちの姿をよく見かけます。

ソープディッシュがカエルの風呂場

ニホンアマガエルはJapanese Tree Frogと英語で呼ばれるように、高い場所が好きです。

そこで我が家で使用している風呂場は、「壁に取り付けることができるソープディッシュ」です。

ソープディッシュには、ウツボカズラなどの植物を設置することができるので、とっても便利です♪

ソープディッシュはまだまだ他にも利用価値がありそうですね!