アクアテラリウムで育つ植物。カギは湿度と光。

カエル
スポンサーリンク

アクアテラリウムを設置して半年以上が経ちました。

複数の植物を植えてみましたが、元気に育ってくれました。

 

室内ではうまくいかない植物でも

アクアテラリウム内であれば元気に育つ植物もありました。

水槽内には、青々と茂る植物とアマガエルもいます。

今回は、アクアテラリウムに向いていた植物たちを紹介します。

スポンサーリンク

アクアテラリウム内の環境

温度は20-25℃くらい湿度は80%程度と高めです。

昼間の間は常に照明で照らしています。

土は造形君を使用しています。

また一日に1-2回程度霧吹きをしています

アクアテラリウム内の植物

アジアンタム

アジアンタムは新しい葉を次々と出してくれます。

緑の色も黄緑色に近く、明るい雰囲気を醸し出してくれます。

室内で育てていたこともあるのですが、

乾燥がよくなかったのか、枯れてしまいました。

 

アクアテラリウム内では一日に1-2回程度霧吹きをしています。

葉の上ではじかれた水が輝いていてきれいです。

アクアテラリウム内であれば、特に注意することなく

元気に育ってくれる植物です。

アスプレニウム

アスプレニウムも湿気を好む植物です。

新しい葉を次々と出してくれているので、楽しいです。

アマガエルのあーちゃんも寝場所として気に入ってくれていました。

頑丈な葉なので体を支えるのにちょうど良かったのでしょうか。

わざわざアスプレニウムのど真ん中で包まれるように寝ていました(笑)

ウツボカズラ

育てるのがちょっと難しいとも言われるウツボカズラですが、

アクアテラリウム内であればとても元気です。

 

次から次へと捕虫袋を作っています。

捕虫袋をいっぱい作ってほしい時は

あまり肥料を与えない方が良いそうです。

カエルたちによる肥料は大したことないのでしょうか(笑)

コーヒーの木

湿気を好む植物ではないはずですが、

室内からアクアテラリウム内に入れると元気になりました。

ただ、他の植物に比べて湿気を好む度合いが低そうなので、まだ様子見です。

 

室内で育てていた時は数カ月間、新しい葉を作らなかったのですが、

水槽に入れた途端に、新しい葉を作り始めました。

光と温度が良かったのでしょうか。

こちらがコーヒーの木の新しい葉です。

なんだか、オモチャみたい(笑)

アース製薬の葉っぱ型のコバエとりに似ています(笑)

重なった葉が成長してくるとパンッと離れて

2つの葉が出てきます。

 

過去のレイアウトでも入れていたコーヒーの木の葉の上で

アマガエルたちはよく休んでいました。

コーヒーの木と同じく、カエルまでシンメトリーに(笑)

 

まとめ

今回紹介したアクアテラリム内の植物たちを以下にまとめました。

【アクアテラリウム内で育つ植物】
◎アジアンタム
◎アスプレニウム
◎ウツボカズラ
〇コーヒーの木

 

アクアテラリウムの中は湿気が特別高いです。

そのため、乾燥地にある植物には向いていません。

例えば、水はけのよい場所を好み、水のやりすぎで枯れてしまうような

多肉植物は向いていないと思われます。

植物の自生環境にあった場所を家の中でも選択していけば

植物も答えて成長してくれるのが嬉しいですよね^^