春の訪れを感じる啓蟄。虫やカエル、植物も春に備えて準備中?

カエル
スポンサーリンク

2021年の啓蟄(けいちつ)は3月5日でした。

啓蟄は、冬眠していた虫が春の訪れを感じて穴から出てくる時期です。

ワイルドストロベリーは冬の間も元気

 

我が家のベランダに2月中旬から住み着いているクビキリギス・・・

クビキリギスはまだ生きているのでしょうか。。

ドキドキしながら住み着いていた袋の中を覗いてみると・・・

 

「俺は生きてるぞーーーー!!」と主張していました(笑)

我が家のクビキリギスは主張が激しいです。

クビキリギスは口の周辺が赤色なので、ちょっとホラーっぽいですね。

1カ月以上も袋の中に閉じこもって何を食べているのかナゾですが、元気に過ごしているようです。

 

我が家のアマガエルの中でもマメちゃん♂よく最近は鳴くようになった気がします。

オスのマメちゃん

去年は、マメちゃん♂の鳴き方はまだまだ下手でした。

喉にある鳴き袋から、空気を上手く送り込めていないような「破裂音」がたまに聞こえてきていました。

 

最近は、練習の成果が出たのか、先住のあーちゃんよりも鳴き方が上手になってきました。

『声が低く、早いペースで鳴くカエルのオスがモテる』そうです(「天地創造デザイン部」より)。

モテるカエルになるべく、毎日マメちゃん♂は鳴き方の練習に励んでいるのかもしれません。

 

また、植物も春の訪れを感じているようです。

ベランダで1カ月ほど前に撒いたオジギソウの種から芽が出ていました!

 

虫も、カエルも、植物も、春に備えてきているようです♪

私もたまに喉や鼻が使い物にならない日が来ますが・・・春の訪れ(花粉症)を感じているのかもしれません(苦笑)