人気の宮古島で ミヤコヒキガエル

カエル
スポンサーリンク

東京から直行便で行ける沖縄県の宮古島。

宮古空港以外にも、2019年3月には、みやこ下地島空港ターミナルがオープン。

ますます観光客が増えそうですね。

 

本記事では、宮古島で見つけたミヤコヒキガエルと、

宮古島の観光スポットについてご紹介します^^

スポンサーリンク

宮古島とは?

周辺に4つの島(来間島、伊良部島、下地島、池間島)があり、いずれも橋で結ばれています。

 

長い橋と透明度の高い海との絶景が最高!

広さはというと…車で4時間程度で1周できるくらい。

ミヤコヒキガエルの魅力

3月下旬の夜・・・宿泊していたホテルのプールサイドを歩くと

カエルがいっぱい!

調べてみると、ミヤコヒキガエルという、

宮古島に自然に分布している(外来種ではない)カエルということが分かりました。

ちょうど手の大きさと同じくらいでしょうか。

動画を撮っていると、ミヤコヒキガエルが首をかしげてこっちを見てくれました。

ミヤコヒキガエル

か、かわいい・・・

 

こちらは見つめ合っているカエルたち。

恋の季節なのでしょうか。

繁殖期:繁殖期は長く,9月から3月にわたる.ニホンヒキガエルと異なり,1繁殖場所内での繁殖期も長い.幼生の多くは3月以降に変態する.

出典:国立環境研究所 侵入生物DB

3月下旬だったので、ぎりぎり繁殖期に入りますね。

ちょうど横にはプールがあるから産卵には適しているのでしょうか…^^;

 

観光スポット

カエル以外にも(笑)せっかくなので、

橋で結ばれている周辺の島の観光スポットを紹介します^^

来間島


栗間(くりま)島にかかる栗間大橋を見ることができる与那覇前浜

ここから栗間大橋を渡り、栗間島へ。

橋を渡るとすぐに、おしゃれな雑貨店・カフェが並ぶエリアがあります。

こちらは島茶屋ヤッカヤッカ

紅イモタルトが美味しかったです^^

こちらのエリアを抜けて、北西に進むと長間浜という落ち着いたビーチがありました。

与那覇前浜ほどは有名ではなさそうですが、人も少なく、穏やかな雰囲気^^

伊良部島・下地島


宮古島と伊良部島を結ぶのは全長3540mの伊良部大橋。宮古島の橋の中で最も長い橋です!

(ちょうど渡った時には曇っていて良い写真がありませんでした–)

 

下地島には通り池という、巨大池を近くで見ることができました。

 

伊良部島内ではないのですが、伊良部大橋を渡る手前には宮古そばが食べられる古謝そば屋

池間島


池間島に渡る手前には宮古島海中公園がありました。

24もの窓から海中を観察することができます。こんな窓が並んでいました↓

そして池間大橋を渡ります。

この時は行ってはいないのですが、池間島には八重干瀬(やびじ)という日本最大級のサンゴ礁群があり、ダイバーに人気が高いとのこと^^

まとめ

周辺の4つの島と橋で結ばれている宮古島。

 

ぜひ観光に行った際には、各島のドライブ&夜のプールサイドでミヤコヒキガエルと戯れてみてはいかがでしょうか^^